表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

300人の募集に50人の応募。

2週間ほど前の少し古いニュースなんですけど…


『大衆演劇一座を率いる沢竜二(73)の、派遣切りなどで解雇された非正規労働者を全国約150の大衆演劇劇団で採用するとの呼び掛けにこれまで約50人の応募があったことが5日、分かった。
 「給料はそんなに出せないが、寝るところはあるので雨露をしのげ、毎日3食は食べられる。別に役者になる必要はなく、裏方として働いてもらってもいい。それに別に仕事が見つかったら、いつでも辞めて構わないですよ」と。
 沢の劇団では数人を採用する予定のほか「ほかの劇団でも2人程度の採用枠があるので、全国で約300人が雇えると思う」』


派遣切りが社会問題になるこの時代に、
300人の募集に50人の応募…。


職を失っても、食うに困っても
芝居の世界には入りたくないんだなあ(笑)
僕たちの仕事って昔から河原乞食とは言われているけど、
そんなにまで忌避される職業なんですね~(涙)


洋館ミステリ劇場にハマってくださってる情報誌の編集者の方が、
「演劇をしている人って、資本主義の枠外にいますよね」って言ってました。

…さすが、うまいこと言う。
スポンサーサイト

裸のメイドとチョコバー

気になるニュースを2本。


裸のメイドに4万ドルの宝石を盗まれる(GIGAZINE - 06月05日 11:20)

アメリカフロリダ州のタンパという街に住む50歳の男性は時給100ドル(約1万円)で裸のメイドを雇い、家事など身の回りの世話をしてもらっていたようです。ある日、いつも通りメイドを呼び、服を脱いでもらい、掃除をしてもらっていると、部屋が荒らされており、4万ドル相当(約420万円)の宝石が盗まれているのを発見しました。男性は女性が服を脱いで、掃除を始めたところまでは確認していましたが、その後は監視しないで任せていたとのこと。
事件発覚時、彼の奥さんは母親の看病のため、外出していたとのこと。今回の一件で彼の奥さんは初めて裸のメイドを雇っていた事がわかり、離婚に踏み切るそうです。


>>>裸のメイドさん…男のロマンかも(笑) 裸にエプロンに通じるものあるよね~。
で、その状況に満足して「その後は監視しないで任せていた」のも共感できるかも~(笑)。

で、そのケチでちっぽけな満足のために、420万円盗まれて、離婚。
なんか、机の角で、小指を420万回ぶつけたくらいに切ないよね。
その切なさに魅かれるのかなあ、なんか好きなのです、このおバカなニュース。




チョコバーだけを食べて17年間生きてきた人(GIGAZINE - 06月05日 12:10)

リバプールで印刷業を営む37歳のKeith Sorrell氏は、チョコバー「Mars」だけを食べ、1日に12本消費し、年間4000本が彼の胃に放り込まれているらしいです。
「体に悪いと行ってくる人がいるけど、ちゃんとオレンジジュースを飲んでビタミンは摂取している。17年間食べ物は変えていないけど健康状態は良好だ」とKeith氏は述べています。
ビタミンを取っていても必須脂肪酸が足りないため心臓血管の健康状態が疑わしく、食物繊維も欠けているので腸に悪影響が出ている可能性がある、とオーストラリアの栄養学者は話しています。


>>>健康にこだわって、なるべく身体にいいものを選り好んで食べている俺たちの生活はなんなんだろうね~(笑) 俺なんて、いまも軽い罪悪感に苛まされながら、スナック菓子かじって、缶チューハイ飲んでるんだけどなあ。Keith Sorrellさんが重病になってくれないと、元が取れない感じ(笑) 良くない良くないって思いながら食べるのが一番良くないって言うから、いま小腹が空いてることだし、気分を変えて、明るく、いまからカップ麺つくろ♪

素敵?なニュースだ(笑)

米ワシントンで、パーティー中の民家の庭に覆面の男が侵入。銃を14歳の少女に突き付け「金を出せ」と脅した。
 みんなが凍り付く中、ある女性が「一緒にワインでもどう」と提案。一口すすった男は「わお、うまい」と感動し「間違った家に入ったようだ。抱き締めてくれない?」
 5人に次々と抱き締められた後、男は「みんなで一緒に抱き合わないか」と提案。この要求も満たされ、男はワイングラスを片手に出て行った。(AP)


ほのぼのとしてる場合じゃないけど、
なんかだほのぼのとしてしまうニュース。

一つ間違えば!って激怒しなくちゃならないんだろうけどね。

日本で最近見聞きするニュースがあまりにあまりで
感覚が麻痺してしまったかなあ。

悪夢再び。

実はね、先週末また泥棒に入られた。
前回の多額な収穫に味をしめられたかなあ。

あれから半年、金も溜まってそうな時期だしね。

今回は、前回を教訓に、現金は置かないようにしてたから、
被害は商品券が3万円分だけ、だと思う。

しかし、ブルーになる。

泥棒に入られないようにするのはどうすればいいんだろうなあ。


防犯フィルムとかって役に立つのかな。
気休めなような気もするけど、ないよりはましなのかなあ。

鍵を複数つけろ、とも言われたけど、それもありかなあ。


どちらにしても、余分な出費は避けられそうにないや。

たのしんでやれと、とよくいわれますが、ぼくには、その意味がわかりません

『イチローがMVP、史上初のランニング本塁打 米大リーグ・オールスター』


イチローって本当にすごい。

オールスターに7年連続で出ていることって、あんまり取り上げられないけど、本当にすごいことだと思うよ。

『イチロー262のメッセージ』ってイチロー語録を集めた本があるんだけど、
また、これがすばらしい。

一つ一つの言葉が含蓄深くて、いくらでも噛み締められるほど味わい深くて、
読み終えるのがもったいなくて、なかなか読み進められない(笑)


「夢をつかむというのは、一気にはできません。
 小さなことをつみかさねることで、
 いつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます」

「たのしんでやれと、とよくいわれますが、
 ぼくには、その意味がわかりません」

「いろいろ考えてしまうのが人間ですが
 でもそれも含めての『力』ですから」

ついつい弱さに逃げ込みたくなる俺には、
とってもいいカンフル剤です。

ストレス発散

行きて~(笑)
---------------------------------------
スペインのホテル、ストレス発散は「客室破壊」で。

 [マドリード 13日 ロイター] スペインのホテルチェーンNHホテルズが、ストレスを抱えた人向けの一風変わったサービスを企画している。ホテルの部屋を思うがままに壊し、ストレスを発散してもらうというもの。
 マドリード中心部にある築11年の「NHアルカラホテル」の改装にあわせて行われるこの企画には、心理学者らの審査を通過した30人に参加資格が与えられる。
 参加者には木づちやヘルメットが用意され、全146室の客室のどこを壊してもよいという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000365-reu-ent

「真面目な」日本人が勝てるわけない(-_-;)

『最近、ディズニーを模倣したと言われる、北京市の石景山遊楽園が注目を浴びているが、このゴールデンウィークに今までになかった、全く新しいニセモノが登場した。

吉林省長春市の動物園で行われているシマウマの騎乗イベント。体にはシマウマの特徴である縞が刻まれているが、しかしどことなくシマウマとは違う。早速、騎乗イベントの係員に「このシマウマは本物なのか」と聞いたところ、係員は「このシマウマはアフリカから来た。アフリカから来たのがシマウマじゃなければ、なんだっていうんだ」とぶっきらぼうに答えた。ふと脇を見ると、「シマウマ」の隣には、普通の馬もいた。2頭の馬を比べると、単に縞がついているかどうかの違いでしかない。恐らく白馬に縞を塗っただけではないのだろうか。

この偽シマウマの騎乗イベントは大変な人気で、カメラマンが訪れてから5分ほどの間に3組もの旅行客が騎乗していた。うち一組の母子に「偽シマウマではないか」とインタビューしたところ、「一目で本物じゃないとわかるけど、子供が楽しんだから別にいいわ」との意外な答えが帰ってきた。今度は動物園の管理部に連絡。管理部は「本物か偽物かはたいした問題ではないと考える。重要なのは旅行客が楽しんだかどうか」とコメントした。』


『広東省仏山市の順徳区にある染物工場で9日、作業員約20人に支給された4月分の給料が偽札だったことが判明した。作業員らの抗議に会社側は「銀行のミスだ。本当の紙幣と交換するかどうかは銀行と交渉して決める」と回答、作業員に現場に戻るよう命じた。怒った作業員は就業を拒否したが、会社側は「職務放棄」を口実に解雇を言い渡した。

 同工場で偽札が作業員に支給されたのは今回が初めてではないという。同工場は広州日報の取材に対して「我々も被害者だ」と釈明した。』

記録紙飲み込んだ男を逮捕

<飲酒運転>記録紙飲み込んだ男を逮捕 三重・四日市

 24日午後11時すぎ、三重県四日市市で、乗用車を運転していた男(28)が飲酒運転取り締まり中の県警署員から調べを受けた際、アルコール濃度を印字した記録紙を奪って飲み込んだ
同署は公文書き棄と、道路交通法違反(飲酒運転)の疑いで男を現行犯逮捕した。

 調べでは、男は5センチ四方の記録紙が打ち出された途端に記録紙をひきちぎり、口の中に入れて飲み込んだ疑い。測定器には記録が残っており、呼気1リットル中から0.15ミリグラム以上のアルコールが検出された。
 男は「記録紙を飲み込んでしまえば証拠がなくなると思った」などと供述している。


俺も昔、「捕まったら、用紙飲み込んだらええねん」と教えられた記憶が…。
アカンかったんや、よかったやらんで。

なんだ、これは?

誰か説明してほしい。ただの幻覚? 幻想? それとも何か意味があるのか?
++++++++++++
インドでは、ヒンズー教の神々の像が信者が捧げたミルクを飲んだと報道され、全土で数千人の人々が寺院に押しかける騒ぎになっている。目撃者が明らかにした。

目撃者の話によると、寺院では、神々の像に捧げるミルクを入れた鉢を持った人々が、長い列を作っている。ある女性は「私の手からミルクを飲んだ」と断言。ヒステリー状態に陥る信者らも出ている、という。[ラクナウ(インド) 21日 ロイター]

いつから牛肉食ってないだろう

委員の半数一気に辞任 牛肉安全性議論に影響も
BSE(牛海綿状脳症)

 米国産牛肉の輸入再開をめぐり安全性評価を担った食品安全委員会プリオン専門調査会の12人の専門委員のうち、半数に当たる6人が辞任したことが3日明らかになった。

 辞任した6人は消費者団体などから、輸入再開の「慎重派」とみられている。

 辞任した金子教授は「国民に食品安全委員会の審議について説明する場で、私自身が『米国などからの輸入再開については、国内規制の見直し同様、厳格に評価する』と説明していたのに、米国で特定危険部位の除去などが適正に行われるという前提付きの不十分な審議しかできなかった」と話している。

 同調査会は昨年10月、米国産牛肉について「脳や脊髄(せきずい)などの特定危険部位を除去した生後20か月以下の牛肉であれば」という条件付きで、輸入再開に事実上のゴーサインを出した。

(2006年 4月 3日 (月) 22:51 共同通信)
牛肉はすっかり食わなくなったなあ。

この調子じゃ、きっとこれからも食わないなあ。

オージービーフは大丈夫だってわかってんだけど、『牛肉』に嫌悪感が産まれ始めてるんだよな。

食肉牛の牧場で働く人たちには全然責任ないのに、
アメリカでも解雇される人が増えてるらしいね。

日本でも消費が減っているって聞くし。

しわ寄せは庶民。働く人は職をなくし、食べる人は健康を犠牲にし。

言い古されて、使うのも恥ずかしい「しわ寄せは庶民」原理が、
だけど今も繰り返され続けてるんだよね。

資本主義である限り、仕方ないんだろうけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。