表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TTR能プロジェクト10周年記念公演『松風』

TTR能プロジェクト10周年記念公演
『松風』
オモテ2

1/27(日) 午後2時開演
大槻能楽堂


シテ  友枝 昭世
ツレ  大島 輝久
ワキ  福王茂十郎
間狂言  善竹 隆平
 
笛   杉  市和
小鼓  成田 達志
大鼓  山本 哲也

後見  高林白牛口二
    中村 邦生

地謡  粟谷 能夫
    出雲 康雅
    粟谷 明生
    長島 茂
    狩野 了一
    友枝 雄人
    金子敬一郎
    内田 成信

解説   村上 湛


「湯谷松風米の飯」と云われ、いつまでも飽きの来ない名曲中の名曲として有名な能『松風』。
田楽の『汐汲』という曲に、観阿弥・世阿弥が改作をしたと言われています。

その後も様々な芸能に「松風村雨もの」として影響を与えてきた演目です。須磨の浦で在原行平に恋をした松風・村雨の姉妹。その狂おしくも哀れな思いを旅の僧に訴えます。

行平は「月」、松風村雨は「影」。須磨の浦を背景に汐汲みの桶に写る一つの月とそれを見つめる二人の影。その描写は美しい絵画世界のようです。

後半では行平の冠・唐衣を身に纏い、男装の松風が狂乱の舞を見せます。ほとばしるような恋の激情にかられる松風、それを諫める村雨。二人の存在は人の心の二面性を表すかのようです。


今回は現代能楽界最高の人気を誇る人間国宝・友枝昭世をシテに迎え、TTR初の喜多流での公演となります。どうぞご期待下さい!



S指定席 8000円/A指定席 7000円/自由席 6000円

【チケット発売】
一般 11月11日(日)AM10時
会員 10月28日(日)AM10時



チケット申込方法:お名前、ご住所、電話番号、人数をお書きの上、
         メールまたはFAXにて下記(事務局)までお申し込みください。

         メール:mail@ttr-noh.net/FAX:078-846-3502
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。