表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/24 音として楽しむ[音楽]

6/24の日記
今日は『TTRライブ能 in Mitte』

かの人気空間デザイナーの間宮さんのデザインしたレストランで、
能囃子コンサートを開くっていう、
俺的には、とっても好きなプロジェクトのひとつ。
38.jpg
能囃子がこんなに純粋に、音楽として楽しめる場っていうのは
そうそうないんじゃないだろうか。

唄モノしか愛せない=音楽をカラオケ用サンプル曲としか愛せない音楽ファンには薦めないけど、インストものを愛せる人には、ぜひ聞いてみてほしいと思う。

そしてインストものを理解する音楽愛好家はどんどん増えていると思うんだけど、どうだろう?

スカパラやPE'Z、坂本龍一にコーネリアス、Calmも売れたよね。


今日の目玉は、ふたつ。

一つ目は…
9/9のTTR能プロジェクト2005公演「船弁慶」の記者発表があったこと。
82.jpg
二つ目は…
「船弁慶」でシテをつとめていただく片山清司さんに、
ライブ能に出演していただけること。


TTRのお二人がこだわる片山さんの謡いが、
こんなに近くで聞けることは、とっても幸せ。

間違ってるかもしれないけど、シテ方の人って小柄な人が多い気がする。
シテとして生きていくために代々、DNAの中に組み込まれたプログラムの一つなんだろうか?

いえ、もちろんとっても大柄な人もいらっしゃることもしっています。

でももともと小柄な日本人の文化として継承されているものだから、
オモテもあんなに小さいのかな、と。
昔はあのオモテがジャストフィットするくらい、小顔だったんじゃないかと…ふと。


片山さんの魅力のひとつもそこにある感じがします。
小柄で飄々とした風貌からは、想像だにできない鬼気迫る、迫力ある謡い。

地を這って伝わる声。

理屈じゃなく、音として楽しみにきてください、ぜひ一度。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/132-4709bead
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。