表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/20 自分だけが目立ちたい役者

7/20の日記
演劇工房で、インプロの初歩をやってみる。

やったのは、ワンボイスとワンワード。

ワンボイスは「相手のセリフを聞かない役者、相手が何をしているのか見ていない役者」のために、

そして

ワンワードは「すべて自分の思い通りにしたい役者、自分だけが目立ちたい役者」のために考えられたそうです。

ね、やってみたくなったでしょ(笑)


いろいろやり方はあるんだけど、今日やったのは、ペアになって手をつないで一人の人間として喋る、ってもの。二人で部屋を歩きまわって、指をさしてその名前をいうところから始めます。

もちろん最初は難しいんだけど、だんだんコトバが会ってくるんだよね、もちろん相談しちゃダメ。あ、でもアイコンタクトは重要です。

これって相手を信頼できるかどうかも関係してるでしょうね。


で、ワンワード。
一人一言しか喋れません。「むかし」とか「わたしは」とかそんな感じ。それで数人でストーリーを紡いでいくのです。
最初は、童話とか昔話の、みんなが知ってる物語から始めて下さい。

と簡単に書いたのですが、

みんなが知ってる物語がない!

さるかに合戦もかちかちやまも三匹のこぶたも、みんなどこかが曖昧で、何を題材にするかで悩んでしまったのです。

これは、俺たちがあまりに知能が低いのか、そういう時代なのか。

…時代のせいにしたい。


とにかく「モモタロー」で始めました。

けど、これもけっこう難しいんですよね。


一度やってみてください、その人が出るよ、このインプロ。


前の人の言葉をどう受けるか、次の人にどう受けやすい言葉をおくれるか。
演劇ゲームって、まるで人生のお勉強みたい(-^〇^-)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/159-37edb664
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。