表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/25 勘三郎さんの存在に感動

7/25の日記
説明の必要もないけど、中村勘九郎の勘三郎襲名披露公演。
夜の部にいってきた。「宮島のだんまり」「大津絵道成寺」
そして野田さんの「研辰の討たれ」

最近、コトバがどんどん貧困になるんだけど、
とってもよかった。

芝居を見てて、勘三郎さんと同時代に生きていることを感謝したくなったほど(笑)

「研辰の討たれ」はね、初演をビデオで見てるんだけど、
格段に今回の方がよかった。

それが生のチカラか、再演で芝居が練れたのかはよくわからないけどね。


闇の中で大勢の人物が大切なものを奪い合うという「宮島のだんまり」。
セリを使ったその登場の仕方で、もう惹き付けられたし。
絵になってるものねえ。

で、祝い事用だそうで、華麗な登場人物はオールスターキャストになってるんだって。
歌舞伎初心者にはわからないのが残念だけど。

でもね、和風「ブラックコメディ」っていうだけで、充分にインスパイアもあったし、楽しめました。


「大津絵道成寺」は早替えが見ものという作品だそうで、
客席からため息と拍手が出るくらい見事な早替えだったんだけど、
俺の見た席があまりに悪いせいで、逆に、早替えのカラクリが見えた瞬間があって、
また、その身のこなしの鮮やかさに、余計に凄さを感じました。


「研辰の討たれ」を見てて思ったことは、世阿弥のいう有主風の役者が無主風の演技をするとどうなるかってこと。

ぼくたちは、類い稀な才能を目の当たりにしてるのかもしれないなあ、と思います。


すごく上手い役者や演劇人を見ると、自分が芝居を作っていることが恐くなるのですが、
勘三郎さんを見てるとそれを通り越して、感動してしまってました。

作品に感動したっていうより、勘三郎さんの存在に感動してたんですよね。

いやいやすごい、そして至福な時間でした、はい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/165-5969a209
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。