表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/27 老とは鳩尾の弾力がなくなること

7/27の日記
演劇工房。

兼ねてから踏み込んで見たかった稽古法…
いやそんなに大層じゃないんだけどね(^ー^)

ただ老人を演じるってだけです。

でも改めて老人を演じるって考えた時に、
老人にもさまざまあって、
身体ひとつとっても、足腰の強い人、弱い人。

コトバのはっきりした人、しなくなった人。

だた世阿弥はいいます。

「老人を老人らしく演じてはいけない」と。
「老人の心持ちは、若く見せたいと思うココロ」だと。

ん、よくわかる。
わかるけど、それをどうやって形にするかが、大問題なのだ。

たとえば、背中はまがっている方がいいのか、
それはあまりに類型的で面白くないのか。

身体を扱う河野智聖師に言わせると、
「老とは鳩尾の弾力がなくなった状態」だそうです。

で、考えるために一旦、無理から大別してみた。

1)神仙、僧侶をイメージした老
2)幼児化、わがままになった老

それでエチュードをして、互いにどう見えたかをディスカッションする。


なかなか演技の芯はつかめないんだけど、とっても面白かったので、
次回もトライしようと思ってます。

みんなに老人を観察しておいてくれ、と宿題をだして。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/167-22dc718f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。