表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/29 今の我々の生き様でもある

7/29の日記
TTR能プロジェクトの「船弁慶」公演は、
本番までいよいよ後一ヶ月となり、これから最終スパートに入ります。

最終スパートのための、今日のミーティングのテーマは、
まずTTRニュースの発送前の最終確認。

TTR能プロジェクト2005公演と銘打ったこの公演は、
文字通り「命を懸けた」公演です。

さまざまなワークショップ、ライブ能等々、
TTRとしての活動は、日を追って、活発になってきているのですが、
それも皆、それぞれの事業で出会った人たちに
この本公演を見て欲しいがために走り続けているわけです。

「これこそが、いま日本で一番面白い能だ!」という信念を持って。

ちょこっとお二人の、この公演に懸ける想いをニュースから拾ってみようかな。
大鼓方・山本哲也さんの想い…
『2005公演・・・能楽堂でまた『あの時間』を過ごせる。前号でMitteライブには音楽としての、そして我々の可能性が見えると書いた。
 能楽堂公演・・・これは言わば今の我々の集大成を見せる場である。二人ともTTRがTTRで在る為に、多くの時間とエネルギーを捧げてきた。誤解を恐れずに言えば『この日』の為に頑張ってきたのである。大げさでなく今の我々の生き様でもある。』

小鼓方・成田達志さんの想い…
『この演目は上演回数も多く、個々の役者に自分の演じ方、演奏の仕方がしっかりあります。それが今回のような特別な公演での上演となると相当大胆な力のせめぎあいや盛り上がりが期待されます。僕自身とても楽しみです!
いったいどんな船弁慶になるのでしょう。』


囃子方として能楽を盛り上げようとして頑張っている、珍しいカタチのTTR能プロジェクト。
ぜひ皆さんの後押しをよろしくですm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/170-c9da480b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。