表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/8 囃子方こその視点で能を見る

8/8の日記
TTR能プロジェクト2005公演「船弁慶」まであと1ヶ月だ。

1ヶ月前、オシリに火がつき始めての、打ち合わせが
いつもの芦屋某所でありました。

チケットの売上状況は今のところ悪くなし、
ワークショップの申込み状況もなかなか好調のようです。


で、チケットの販売もさることながら、
そろそろ当日パンフレットも作らないと…。

逆算すると、8月末には原稿を仕上げていたいところ。


でもまだ誰に執筆してもらうか、どんな内容にするのか、決まってなくて、
今日はそれをすこしづつ、アイデア出しをしたのです。
今さらだけど、パンフレットでは、TTRのお二人をちゃんとオモテに出したいなあと
思っているのです。

昨年は、作品の紹介ばかりで、お二人のプロデュースであることがあまり紹介できなかったから。


TTRは囃子方だからこその視点で能を見て、囃子方だからこその冷静な視点で、
どうやれば能が一番オモシロク見れるかということにこだわれるユニットだと思うのです。


もちろん今回の本公演は、TTRの総力挙げての公演なんですが、
ライブ能や薪能や、能を多角的に、なおかつ伝統は壊さずに、
新しい視点を持込むやり方を模索しているのがTTRのもうひとつの魅力だと思います。

そんな価値あるお二人の活動を、少しでもたくさんの人に知ってもらいたくて、
少し手前味噌に見えて、格好悪いかなあと思いつつも、
パンフでは改めてお二人のしてきたことを振り返るものいいなあ、と考え中です。


はてさて、僕が今、ここでツラツラと書いていることが、
当日どんな形となって、パンフレットに立ち上がっているか、楽しみにしておいてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/177-586919e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。