表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/27 自己肯定に走ってるのかなあ

8/27の日記
ボローニャの絵本原画展(かな?)に行く。

いつか絵本の原作ってのにもトライしてみたいなあって思うけど、
俺が勝手に思ってる絵本とかって、今日展示してあるのとは少し違うのかな?

「100万回生きた猫」なんて大好きだし、
「ビッグ・オーを探して」なんかはとっても大切な作品だし。

でもね、どんなのが好きかなって思った時に
小泉吉宏さんが浮かんできちゃうんだよね。

かのシッタカブッタの作者。

シッタカブッタも大好きなんだけど、
「こぶたの気持ちをわかってよ」なんてとってもいいし、
「戦争で死んだ兵士のこと」は名作だと思う。

もし反戦作品を作ることがあったら
こんなテイストのものが作りたいなあって思うくらい。

とうてい及ばないだろうけど(^_^;)
ま、憧れっつうことで。


夜はライブにいく。
ChesterCooferpotとかオトナモードとかハックリベリーフィン、その他が出てるライブ。
申し訳ないんだけど、どのバンドも曲、しらなかったんだけど。

このライブがあったライブハウスに行くのも初めてだったし、
それも見たかったし。


で、このライブ見てて思ったこと。

貫禄ってなんだろうってこと。


どのバンドも、メジャーというほど売れているわけじゃなくて、
で、ある意味、若いバンドの方が元気がなくちゃいけないと思うんだけど、
よかったんだよね、ハックルベリーフィンが一番。

ステージングもしっかりしてるし、客を楽しませる方法がうまいしな。

どのバンドも曲は全然知らないのに、ハックルベリーフィンの演奏が一番楽しめたし、
会場も一番盛り上がってた。

どのバンドもそれぞれ好きな感じだったんだけどね。


最近、思うんだけど、おっさんバンドって結構かっこいい。
スタレビもそうだったし。

俺がおっさんになってしまったから、自己肯定に走ってるのかなあ
無意識に(笑)
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ、真狼さん。

私はひろぽん、
東京に住んでいて、
八月に一度だけお会いしたことがあります。
そうですね、
今夜は二十歳の女子大生という設定でいかがでしょうか。(苦笑)

さて、「貫禄」です。
最近読んだタブロイド版に
ビギンのボーカルの子の談が載っていました。
彼によると、沖縄の歌手はかなりうまい人でも
なかなか全国的なヒットにならないそうです。
それを、ずっとなんでやろ~と思っていたところ
ある日沖縄にばたやん、
そう、田端義男がきたのです。

バタヤンは小さな会場で歌ったのですが、
彼はそれを聴いて
なぜ沖縄出身の歌手が全国的にならないかを
突如わかってしまったのです。

バタヤンは何千人、何万人に呼びかけている
その小さな会場の人だけでなく…

そういうショックを受けた、と書いてありました。

もう一本、
また別な「貫禄」。
私が知っているのは
私が女子大生の頃(あれれ?)
由利徹に彼女(二十歳)を獲られた男の子がいましたっけ…
これも「貫禄」のうちかな?
もっとも「恋愛の黒帯」の方なら
そんなのは「普通」だよ、
とおっしゃるかもしれませんが。

そうそう、その同じタブロイド版には
今野拓郎たちによる
「おじさんバンドの素晴らしさ」が
なかなかいい文章で出てましたよ。
みんな、とにかく続けて欲しいですね。
九月の嬬恋コンサートで
こうせつが「みんなギターを持ってたからできた」と
言ってたと行った方から聞きました。

う~ん、宴会のたびに
映画が一本できていた中山貞夫達の飲み会に
参加してみたかったもんだ。

そこまで行かなくとも、
全てのオヤジが
グチの代わりに
楽器を手に
飲むようになったら、面白いですね!!

「日本キューバ化計画」かな、これは。

もっとも、大学卒業時に
同窓会で皆が楽器をやれるように練習しておくこと、とのたまった割には自分は楽器をやってない…

踊りや快気法だけじゃなくて
私も楽器やろう、っと。

また、東京来たら
ぜひ一緒にお酒飲んで下さいね。
乱れた長文、失礼!












  • 2006/10/09(月) 01:40:19 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/186-8c81656b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。