表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/15 生に触れて

11/15の日記
大阪センチュリー交響楽団を見に行く。
ライブは好きでよくいくんだけど、クラシックは…記憶にない。

なんかね、最近、クラシックも聞いておかないとなあ、って気になってたとこに
チケットが手に入ったもんで。

あ、それと和太鼓の林英哲さんとのコラボもあるんで、
クラシックと和太鼓という、不思議な取り合わせの音楽も聞いてみたかったし。

なにを隠そうシンフォニーホールも初めてなんだよね。
隠すこともないけど(笑)
座った席は上手ウイング。
勘三郎さんの襲名披露公演を見た時もこの角度だったなあ、と、
ふと思い出す。

正面では見れないビンボー人の性か、こいつは(苦笑)

会場で、お世話になってるプロデューサーの方にお会いする。
小劇場の公演でもよくお見かけするし、本当に精力的にいろいろ見てらっしゃるなあ、と。

その延長線上に思うに、生を見るという、その行為をさぼって、クリエイティブなことしたいって言ってるヤツ多かないか?

雅楽師が、こども教室で、「どんなジャンルでも構いません。生に触れてください。テレビとかビデオで見た気になるんじゃなくて、そこに足を運んで、生の演奏、空気の振動を感じてください」とおっしゃってた。

大事なことだと思う。

生には、映像等のパッケージされたモノの何倍もの情報量を伝える力がある。
人間と人間もそう。会うからこそ、伝わるニュアンス、共感ってすごくあると思う。

携帯電話文化が好きになれない理由のひとつ。

モノ作るんなら、携帯電話くらい否定しろよ、っていうとあまりに傲慢だけどね。
でも健康道場系の人って、割と否定してちゃんと生きている人たくさんいるよね。

何をどう選ぶかってことかなあ、自分を振り返りつつ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/263-b340e5f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。