表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/18 どの「初心」がしっくり来ますか

2/18の日記
はびきのこども一日能楽体験教室の日。

会場のなるLICはびきのの方は大変よくしてくださって、
ちょっと甘えすぎました。

直前であちこちのマスコミに掲載依頼等でどたばたしたこともあったのですが(言い訳だな)、とてもとても大事なモノ一式を、持っていくことを忘れていました。

朝一番から、洋館ミステリ劇場の衣装を探しにいき、
昼には阿倍野から近鉄に乗り…
朝からこんなに手軽でよかったのかなあ、と一抹の不安はあったのですが。

悪い方で的中(+_+)
大倉流の山本さんの機転や、別のこども教室で、今日来れなかったスタッフに連絡を取り、なんとか事なきを得ましたが…。コトなきを得たことが奇跡で。

まったく。
確実に、何年か命が短くなったな。


こども教室の帰り、観世流の梅若さんのお車で送っていただきました。
ラッキー。

で、ここぞとばかり「世阿弥論」をふっかける俺。
まったく迷惑な同乗者だ(苦笑)


今日のテーマは「初心忘るるべからず」と「秘すれば花」。

「初心忘るるべからず」は本当にいろんな解釈があるようです。
以前、梅若さんに伺った論とネットで見つけた論が微妙に違ったし、
つい先日読んだ本でもまた違う解釈がしてあったのです。

少なくとも「はじめの気持ちを忘れてはいけない」という単純なものではないことはわかったのですが、いろんな論を知れば知るほど、追求もしたくなるもので。

最終的には世阿弥さんがもういないから、
「正解」はわからないのかもしれないですけどね。

乱暴に言うと
初心の解釈その1「初めての気づき」
初心の解釈その2「下手な頃、うまくできなかった頃の気持ち」
初心の解釈その3「その年齢年齢のまだ上手でない演技」
かな。

通庭しているものは同じだとも思うのですが。

さて、皆さんはどの「初心」がしっくり来ますか。


ちなみに梅若さんは、明快な理由をお持ちでした。
思わず、声を上げて笑ってしまいました。


そうか…解釈2でいうと、今日の失敗を忘れるな、ってことになるのかな。
それはそれで、意義深いなあ。
スポンサーサイト

コメント

ディケイド

インスピレーションだけで自分探しなんて事をはじめ、色々な「点」をつないだら、なぜかこちらのサイトに(笑)能は見た事もなく、「風姿花伝」も読んだ事がありません、が、はまりそう(笑)素敵なコメントもっとみたいです。何故かホッとしちゃいますんで。

  • 2009/09/29(火) 11:21:42 |
  • URL |
  • ミサコ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/346-0757cb4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。