表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/25 出会いも才能のうち

2/25の日記
本日、声優専門学校の卒業公演。

会場をウロウロしながら、初めて知ったんだけど、
優秀賞、みたいなものが発表されるんだね。

教育機関だから仕方がないことは重々承知しつつ、
いつもビミョーだなあ、って考えてしまいます。


「演技」というものに、どう点数をつければいいんだろう、と。

点数をつける、ということは、客観的な基準が必要で、
それは、人の性格に点数をつけるような、そんなムズカシサを感じるのです。


いや、点数をつけなければ成立しない学校の事情も重々承知はしているのですが。

「主役をする子」というのは、それなりの積極性も(他の子に比べての)資質もあるのですが、その子の持つ癖というのをどう評価するか、なんてのはどうしても主観にしかなりえないし。

それまで萎縮した演技しか出来なかった子が、卒業制作を通して、その子の殻を破って成長を見せてくれたのなら、それは評価に値することと言えるわけで。

出発点が高いか低いかってこともあると思うのです。
で、それはそれで評価の際には不公平じゃないのかって。


だけど突き放して言ってしまえば、その子がどんな学校を選んで、どんな先生と出会うかっていうのも、「人生」を泳ぐ上での才能とも言えるわけで。


本日もとっても濃い一日で、夕方からは俺がプロデュースにかかわった、武術家・河野智聖師の「演技のためのボディワーク&ボイスワーク」ってのが、某市の主催であったので、その立ち会いをしてきました。

そこで、「風姿花伝」を卒論にした女の子と出会って、今度、その卒論を送ってもらうことになったのです。とっても楽しみ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/356-c9711171
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。