表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの家族、いくつもの物語、二つの結末

さて、2月7日(水)~18日(日)まで、
インディペンデントシアター1stで公演している
『100年先も手をつなごう』
のお話。


今回は、
『一つの家族、いくつもの物語、二つの結末』
がテーマで、

公演日時によって、ストーリーA、スターリーBと2バージョンある。

で、その中でも、客演さんの都合で、ダブルキャストになっている箇所もある。



ということは、同じ役柄に役者が二人いる、ってこと。

これは大変。

でも、なかなか楽しい。


同じ台本で、同じ役の狙いがあっても、こんなに演じ方やニュアンスが変わるんだってことが、
こんなにわかりやすい状況もない。


たとえば、
『優しさ』をどう表現するのかってこととか。

役者に「間違っているくらい優しく」演じてください。とお願いする。


このどうとでも理解できるダメを、どう解釈するのか。
それは見ているととっても楽しい。


その上、2バージョンあるため、
本の途中に分岐点があって、バージョンによって、会話が変わっていくように書かれている。


のため、Aバージョンをしている時に、会話の分岐点で、おもわずBバージョンの返答をしてしまったりすると、もう大変。Aに戻れなくなってしまう(笑)
いや、(笑)ってる場合ではない。


いま大真面目に、楽屋には、
『今日はAです』
と、書き出そうと話し合っている。


今回も、スタッフさんに、
「本当に真狼さんの作品は毎回違いますよね~」と、面白がられた。


色を売らなければならない劇団としては、よくないのかもしれない。
でも俺のしたいことをするとこうなっちゃうんだよね。


気が多い?
好奇心強すぎ?
飽き症ってことかもしれないし。


とにかく、今回も実験がいっぱい。

そんなとこも楽しんでくれたら、嬉しいんだけどなあ。
スポンサーサイト

コメント

おもしろそう(^◇^)

ガラスの仮面みたいですね~(*´∇`)ノ ☆彡

  • 2006/12/26(火) 17:11:29 |
  • URL |
  • AKUA☆ #-
  • [ 編集 ]

AKUA☆さん>
ガラスの仮面は、演技するものにとってはバイブルです(笑)
俺も知らぬ間に、影響を受けているのかもwww

  • 2006/12/27(水) 02:29:25 |
  • URL |
  • 真狼 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/532-c535aacc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。