表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/10 ちゃんと想像力を働かせたい

当たり前なんだけど、人にはそれぞれの事情がある。

数年前、村上春樹の「アンダーグランウンド」の中のひとつを、リーディングしたことがある。
ご存じの方も多いと思うけど、この本はサリン事件で巻き込まれた人たちを村上春樹がインタビューしたもので、その中のひとつのエピソードを取り上げた(読んだのは、もちろん俺じゃなく役者)。
マスコミベースで阪神大震災の存在を薄めてしまったこの事件には、震災を経験したものとしては複雑な思いもある。

それは置いとくとして、この本で取り上げられた人たちの事情を、何一つ僕は知らなかった。そしてそれは、あらためて被害者一人一人にかけがえのない暮らしがあった、ことを思い出させた。強烈な切なさを持って。

つい先日、尼崎で脱線事故があった。
そのあたりが行動範囲に入る俺にも、心配してくた人から大丈夫かメールや電話が入った。

あの事故の日以来、現場を見にいった人の話をよく聞く。そしてなぜか行けない俺。
震災の時には、あちこちに出向いたのに…ボランティアしながらだけど。

何気なくテレビをつけたら、ニュースで献花台から「○○ちゃん大好き、大好き」と身内の人か誰かに抱きかかえられながら、叫ぶ女性が映った。その時の、ただ無防備な俺にはあまりにも突然そして強烈すぎて、構える間もなくその声と姿がココロに焼き付いてしまった。

それぞれの事情。

乗客はもちろん家族や恋人、マンションの住人、救助活動をした近所の人、しなかったJR職員の今、そして運転士とその家族…

それぞれ暮らしがあり、ココロがあり、物語がある。
なにもかも情報化してしまう前に、ちゃんと想像力を働かせたい。

逆説的かもしれないけれど、黒澤明の「羅生門」は秀逸だ。

ふと思い出したけど、小泉吉宏さんの「ある兵士の物語」もそういう意味で名作。

とっても好きな本でもあります。

…次はそんな本を書こうかな。
スポンサーサイト

コメント

ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当ランキングサイトに登録しませんか?
http://bestblogrank.zmapple.com/
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://bestblogrank.zmapple.com/regist.php?title=%95%5C%8C%BB%82%C1%82%C4%89%BD%81H%20&address=http%3A%2F%2Flastwill%2Eblog9%2Efc2%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://bestblogrank.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi

  • 2005/06/20(月) 12:05:17 |
  • URL |
  • BESTブログランキング
    #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/79-9306c68a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。