表現って何?

            演技として、人生として、心と身体と感情のバランスを追求した自己表現探求ブログ。 なんて、ぶってみたりすると、かっこいいかな(笑)




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/26 借りてきたものだって構わない

5/26の日記
ここ、声優科の生徒にも「演じ分け」をやらせてみる。

演じ分けるということは、なんらかのエフェクトをかけるっていうこと。

すごくオマヌケな結論なんだけど、
そのエフェクト以前に、文字(セリフ)をどう立体化させるかという問題でつまづいてしまいました。


さて
日常、友人としゃべっているトーンで、演技は成立するや否や。

映像、マイクの前ならば、気張った演技はいらないっていう考えもあると思う。


だけど
その演技の目的は…?
観客の耳をそばだたせること?
じゃなくて、観客を感動または表現されている世界に巻き込むことだよね。


まず言葉が飛ばない。
ギャラリー側へはもちろん稽古相手にも届いてないし、

そうか…って改めて思った。


正しくなんかなくったって、借りてきたものだって全然構わないんだけど、
せめて自分なりの表現で立ち向かってくれなきゃ、
そこにどんなエフェクトも成立するはずがないんだよね。

俺が舞台の人間だからそう思うのかなあ。

昨日は、
悲劇、ドラマ、喜劇の他に道化芝居でもトライしてもらったんだけど、
ここまでくるとテンション一発みたいな芝居になってきて、
やたら正面切る芝居が多様され始めたり、
それはまたそれで面白いから、
そこまで経験して欲しかったんだけど。

急いじゃイケナイよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lastwill.blog9.fc2.com/tb.php/96-0886f5d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。